十三参り

十三参りは主に関西方面中心に行われている行事です。最近では関東でも行われるよ
うになったこの行事はどういう内容なのか調べてみました。

十三参りとは

今から百年ほど前から始まった行事。生まれた年の干支が初めて巡ってくる年(数え
年が十三歳の時)にこの十三参りが行われます。この行事は江戸時代中期から行われ
るようになった通過儀礼のひとつです。お参りする日も決まっていて、四月十三日
(陰暦の三月十三日)にお参りするのです。この十三参りは元服の年齢に達した十三
歳の男の子と女の子が無事に大人として成長したことを感謝し、万物の知恵と福徳を
授かるため、虚空蔵菩薩にお参りをする行事なので別名を「知恵詣り」または「知恵
もらい」ともよばれています。この行事は関西方面では七五三よりもポピュラーで
す。特に京都嵐山の法輪寺や奈良の弘仁寺は有名です。関東でも最近では一三参りを
行う方もいます。浅草寺で三月〜五月にかけて十三参りで参拝される方が増えてきて
いるそうです。

十三参りの行事内容

参拝所で用意されている紙に自分の好きな漢字を一文字だけ書きます。この用紙を仏
前へ奉納して祈祷を受けます。この祈祷で子供たちは知恵や福徳を授かり帰ります
が、帰宅する時に注意があります。その注意は「本殿を出たとは絶対に後ろに振り
返ってはいけない」という決まり事なのです。その理由は、この十三参りで振り返っ
てしまうとせっかく授かった知恵や福徳を返さなければならないという言い伝えがあ
るからです。ですのでお参りをする前にお子様に教えておくとよいでしょう。

十三参りの服装

十三参りにどのような服装で参加したらいいのかよくわからないという方も多いと思
います。昔からの十三参りの時の服装は次のようになっていました。

男の子の服装:羽織袴
女の子の服装:成人式と同じ振袖を肩上げして着けることが決まっています。振袖以
外にも訪問着や色留袖、小紋、女袴の場合でもよいそうです。

以上が本来の十三参りの服装なのですが、最近では服装の形式にとらわれず、学校の
制服や正装等で参加される親子も多くみられるようになっているそうです。特に服装
に関してはこだわる必要が無くなってきているようです。